アスベスト除去工事

アスベスト建材は耐火・断熱・防音・結露防止などの目的で、さまざまな部位に使用されています。社会問題化しているアスベストの除去・封じ込め工事を、責任施工により安心した施工と徹底管理のうえで実施します。

石綿が健康に与える悪影響について、石綿肺、肺ガン、中皮腫等の症状が確認されています。これらは、空気中に飛散しているアスベストを吸入し、肺に蓄積されることによって発症すると言われています。

アスベストは建築材料として次のように使用されています。
     耐火被覆材(柱・梁・壁など)
     保温材(壁・ダクト・煙突など)
     結露防止材(鉄骨・屋根裏・壁など)
     吸音材(壁面・天井)
     断熱材(屋根裏・壁)

調査から管理までの流れ

        サンプリングを取り、分析機関でアスベスト含有の有無の調査

        

        施工計画書の作成・官公庁に届出

        専門技術と技能で対応

          環境(浮遊石綿濃度)測定・工事完了報告書の作成・関係書類の管理